ケミカルピーリング

ケミカルピーリング

ニキビができてしまった時に、あなたはいつもはどうしていますか?

 

 

できてしまったニキビは正しく治療することが肝心です。

 

 

次回、安泰ニキビ下準備をしていたという人もいるでしょう。

 

 

睡眠不足や緊張がニキビの原因とわかっていても課題やとりどりな事由で眠れなかったりストレスがたまってニキビができてしまう人もいるでしょう。

 

 

ニキビが気になるからといって触ったり、起伏肌の原因となるクレーターを作る事にもつながります。

 

 

ニキビができたらひどくなる前に治療するようにしましょう。

 

 

ニキビ治療として知られているものにケミカルピーリングがあります。ケミカルピーリングに使われる弱酸性の液体にはフルーツ酸や乳酸、サルチル酸などがあります。

 

 

ケミカルピーリングとは皮膚に弱酸性の液体を塗り、酸によって皮膚を傷つけることなく古くなった角質を薄く剥がしていく治療法です。

 

 

健やかな肌はだいたい28日の周期でターンオーバー(新陳代謝)を繰り返し、角質が感情に生まれ変わるようになっています。

 

 

ケミカルピーリングはターンオーバーを促し、古い角質を取り除いていく事でニキビを治し、ハリやツヤ、潤いのある健やかな肌を取り戻してくれます。

 

 

顔だけでなく背中もケミカルピーリングをしてみるといいでしょう。

 

 

皮膚科やクリニックでのケミカルピーリングの傾向は次のようになっています。

 

 

ケミカルピーリングの時間は1回30分・時レベルです。とカウンセリング

 

 

 2.洗顔

 

 

 3.ピーリング剤塗布

 

 

ピーリング剤を約5分ほど塗って放置します。

 

 

ピーリング剤を塗るとスキンがピリピリする事があります。

 

 

 4.ピーリング剤を塗布

 

 

シチュエーションをみながらピーリング剤をふき取り、中和剤を塗って中和します。

 

 

 5.冷却

 

 

刺激を抑えるゆえに冷却します。

 

 

ケミカルピーリング治療前、治療後は次の事に指摘しましょう。

 

 

 

治療後

 

ケミカルピーリング治療1週間前は、顔そり、顔のマッサージ、顔パックは避けましょう。今度スクラブ入り洗顔剤の使用も避けましょう。

 

 

 

にきび顔のニキビがクレーターにならないためにトップページに戻る