ニキビ跡治療

ニキビ跡の治療

ニキビができてしまって悩んだ事がある人は多いでしょう。

 

 

ストレスや睡眠不足、偏った食生活など様々なことがきっかけでいつとはなしに顔にあらわれるニキビ。

 

 

顔にぶつっとできた大きなニキビ、触ると痛い赤ニキビ。ところが、ニキビができて悩んでもお保安管理をしてきっちりと治れば問題はないですよね。

 

 

課題はできてしまったニキビのお整備に破綻してニキビ跡ができてしまった時ではないでしょうか。

 

 

ニキビ跡で黒ずんでしまった肌がコンプレックスで人と話す期間に顔をあげられなかったりする人もいるでしょう。

 

 

今度、どれくらい化粧をしてもデコボコが隠せないで悩んでいる人もいるでしょう。

 

 

ニキビ跡には大きく分けて2つあります。

 

 

1つは色素沈着、今度いまさら1つはデコボコしたクレーターです。ニキビ跡の治療にはフォトフェイシャル、ケミカルピーリング、レーザー治療など諸々なものがあります。

 

 

フォトフェイシャル治療

 

 

フォトフェイシャルとは肌にツヤや透明感を与える治療法です。

 

 

フォトフェイシャル治療とレーザー治療は違うものです。

 

 

ケミカルピーリング治療

 

 

ケミカルピーリングとは皮膚にフルーツ酸や乳酸、サルチル酸などの弱酸性の流動体を塗り、酸によって皮膚を傷つける事なく古くなった角質を薄く剥がしていき除去する治療法です。

 

 

ケミカルピーリングはターンオーバーを促がし、たまってしまった古い角質を取り除く事で、肌の汚れをなくし、ツヤやハリを与えます。

 

 

レーザー治療

 

 

角層にレーザーを当てて殺菌し、ニキビの炎症を抑えたり、毛穴につまった皮脂やウミなどを除去したする治療法です。

 

 

その他皮膚のターンオーバーを促進し、ニキビ肌を正常な肌に近づける効用があります。

 

 

イオン導入治療

 

 

イオン導入治療は電子を使ってビタミンCを肌の奥まで一般化させることで、ニキビ跡のデコボコを改善したりする治療法です。

 

 

ニキビ跡の治療は1つではなくいくつかの治療法を合わせて治療する事例があります。

 

 

ニキビ跡治療にはその他にビタミン剤や抗生剤入りのローションを塗ったりといった外用薬や内服薬による薬物治療があります。

 

 

にきび顔のニキビがクレーターにならないためにトップページに戻る