マラセチア毛包炎

マラセチア毛包炎

皮脂に住み着いているマラセチアという常駐菌が毛穴で増殖して炎症を起こすことをマラセチア毛包炎といいます。
胸や背中、肩、上腕にニキビに似た物ブルや膿胞をつくってかゆみもともないます。
実はこの菌はカビの一種です。
ニキビや湿疹と間違えて放置しておくと胸や背中、ワキの下、首などに白色や褐色の斑ができる『癜風(でんぷう)』や、頭皮に慢性的なかゆみやフケをもたらす『脂漏性皮膚炎』の原因になります。

 

予防方法はマラセチアは皮脂が好きですので、シャワーを浴びるなどして皮脂を少なくすることが効果的といわれています。しかし、すでに発症している場合は皮膚科に診察してもらって治すしかないです。

 

にきび顔のニキビがクレーターにならないためにトップページに戻る