肌質ニキビ

肌質とニキビ

顔がニキビでブツブツなのがコンプレックスで顔を上げられないなどニキビで悩んでいる人はほとんどいると思います。

 

 

ニキビ対策にはオレ自身の肌質を知る事が肝心という事です。

 

 

種族の肌は人によって違います。

 

 

肌には真面目肌、敏感肌、オイリー肌、乾燥肌、混同肌などがあります。

 

 

普通肌

 

 

真面目肌とは水分量がベストで、皮脂もバランス痛切に分泌されており、滑らかな肌です。

 

 

 

 

敏感肌とは皮膚のバリア性能が通常さらに低いおかげで、乾燥や紫外線、ホコリや黴菌などの外的刺激によってダメージを受けやすい肌のことをいいます。

 

 

敏感肌はニキビなどの肌トラブルを起こしやすいデリケート肌です。

 

 

オイリー肌(脂性肌)

 

 

オイリー肌とは皮脂の分泌が多く、水分も多いゆえに潤いはあるが肌の表面が脂っぽくべたべたした肌をいいます。

 

 

オイリー肌は皮脂量が多いおかげでニキビができやすいです。

 

 

今度べたつきにずっとホコリやゴミなどがつきやすくこれもこの次ニキビのきっかけとなっています。

 

 

 

 

乾燥肌とは皮脂の分泌が少なく、肌の水分安心できる役割が低いゆえにに乾くしてカサカサしているいてる肌をいいます。

 

 

乾燥肌は白く粉をふいたり、かゆみを生じたりします。皮脂量や水分量が少ないのでニキビは比較的できにくいです。

 

 

混合肌

 

 

混合肌はニキビができやすい肌質です。

 

 

肌質によってニキビができにくくなっています。

 

 

敏感肌、オイリー肌、混合肌は外部からの刺激や、多大な皮脂の分泌などにますますニキビができやすくなっています。

 

 

肌質はニキビ前段階の理由での骨格化粧水の選択方法やお整備、配慮なども変わってきます。

 

 

デパートの化粧品売り場や、ドラッグストアなどで肌チェックをしてもらい自分の肌がどの肌質なのか把握してくれる地点があるので、肌をチェックしておくといいでしょう。

 

 

 

にきび顔のニキビがクレーターにならないためにトップページに戻る