揚げ物はニキビに悪い影響が

にきびと揚げ物

にきびと揚げ物についてですが、にきびに揚げ物は一番よくない食糧だと言われています。

 

 

揚げ物の中に含まれている豚や鶏といった動物性脂肪というのは、血液の中の中性脂肪の量を増やしてしまう働きがありますからその帰結にきびの元になっている皮脂の分泌を増やす事になります。

 

 

ですからもちろんにきびが出来やすい体質だと思っている時期には揚げ物を食べるのを控えたほうがいいかもしれません。

 

 

揚げ物の遷り変りに、魚介類を食べるといいと思います。魚介類には血液をサラサラニしてくれる作用があるのですが、これはにきびにも効力的です。

 

 

ですから出来ればにきびが出来ている時は揚げ物を食べないように気をつけましょう。

 

 

にきびに大敵な揚げ物というのは、食事の際に気をつけるだけではありません。

 

 

おやつや軽食のスナック類、ポテトチップなどもにきびに大敵の揚げ物です。

 

 

ほかにも、ナッツ類も脂が多く含まれている食品になりますからにきびが出来やすい体質の人は可能な限り控えるようにしたほうがいいですね。

 

 

にきび事前には脂を摂取することを控えるのが一番です。出来るだけ脂っこい食生活を見直すように気をつけましょう。

 

にきび顔のニキビがクレーターにならないためにトップページに戻る